神社さんぽ -ときどきガンダムと猫と小説-

出雲大社や伊勢神宮等の超有名神社もいいですが、地元ゆかりのローカルな寺社仏閣も捨てがたい! そんな私が地元福岡を中心に、ゆる~く散歩気分でローカル神社を参拝するブログです。

<其の漆拾陸>宇美八幡宮

第七十六回の神社紹介は、宇美八幡宮です。
住所は福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目1番1号、最寄り駅はJR香椎線「宇美」駅徒歩8分です。
本ブログで紹介した中では久々のメジャー神社ですね~。
何と言っても貫禄の別表神社で、旧社格も県社です!!
通常であれば自分以外に参拝者が居ない境内で自由気ままに写真を撮っている私ですが、こういった参拝客でにぎわう神社で写真を撮ろうと思うと、どうしても挙動不審になってしまって写真のテイストも盗撮風になりがちなのはご容赦下さい。

ともあれ、あの神功皇后が悪の三韓征伐からの帰途で応神天皇を御産みになったという由緒正しき地。
これまでご紹介してきた神社の中にも神功皇后や応神天皇に由来する神社はたくさんありましたけど、その中でも王道中の王道と言えるでしょう。
もちろんこの辺の地名も「産み」に「宇美」と当てた地名です。
何と言っても住所が「宇美町宇美1-1-1」ですよ!車のナンバーだったら成金かヤンキーがどんな手使っても欲しがるナンバーですが、そんな奴らにおいそれと渡せるナンバーではありません!(笑)

P1030390
県道沿いの大鳥居です。
この材料、運ぶの大変だったでしょうね~。

P1030392
二の鳥居。
P1030393
の先には貫禄の手水舎。

P1030407
拝殿は緑青銅板葺きの入母屋屋根。P1030408
そこから伸びる向拝がうねるような柔らかい曲面を描いて落ち着きと力強さを感じます。
妊娠されたまま三韓征伐に行かれた神功皇后を思わせるような優美な拝殿ですね。

写真は撮れませんでしたが、本殿は桧皮葺の入母屋造で、拝殿側に少し向拝が伸びています。
選ばれた神社の証である桧皮葺。
桧を伐採せずに表皮だけを剥いで使うと言う環境に優しすぎる日本独自の工法、一体誰が考え出したんですかね~。
古来から木は神が宿るものとして大事にされていたので、大事さ余ってひらめいちゃったんでしょうか、やっぱり愛情って発明のマザーですね!
この辺りにご興味のある方はぜひ参拝に行って見てください!

P1030397
拝殿横には国指定天然記念物の「湯蓋の森」
もうこれ一本で森ですよ、フォレスト森!

P1030406
その反対側には、神功皇后が出産のときにすがりついたといわれる「子安の木」

P1030405
その裏側には「衣掛の森」
P1030404
神功皇后くらいになると服をかけた木ですら神々しい。

P1030402
そしてその奥には「産湯の水」
P1030400
ここから湧き出る水を応神天皇の産湯に使ったと伝えられており、以来枯れることなく湧き続ける奇跡の水です。

P1030399
P1030398
こちらはその経緯から安産の神として信仰を集めており、本殿の裏には「子安の石」と呼ばれる石が納められています。
妊婦の人がこの石を持ち帰り、無事出産後には別の新しい石を添えて返すという慣わしになっているそうです。
まさに倍々ゲームですが、溢れ返るほどになってないのは無事に産まれなかったり、帰さなかったりする方もいるんでしょうね・・・>_<

P1030394
P1030395
P1030396
境内には狛犬さんやお馬さんもいっぱーい。

こちらの神社では梅が枝餅に似た「子安餅」も売ってますので、ご参拝の際には召し上がってみて下さい。

P1030391
さて、由来ですが先にも書いたようにご祭神は、応神天皇、神功皇后。
後に玉依姫命、住吉大神、伊弉諾尊の三柱を加え、五柱を祀っているそうです。
応神天皇の事を八幡神と称するようになったのは、出産の際にご産所の4周に八つの幡を立てて兵士に守らせた事から「八幡や、八幡大神や!」と呼ばれるようになったとの事。
長年の謎が一つ解決しました。^-^
なお、こちらでは「宇美神楽」なるなんとも雅な舞を正月と春と秋に奉納しているので、ご興味のお有りの方は宇美放生会大祭にお越し下さい!

場所はこちら。

<其の漆拾伍>酒殿三宮神社

第七十五回の神社紹介は、酒殿三宮神社です。
住所は福岡県糟屋郡粕屋町酒殿、最寄の駅はJR香椎線「酒殿」駅徒歩5分の駅近物件、しかも南側には徒歩5分でイオンモール福岡があるという利便性のよさに神様もきっとご満悦でしょう。
こちらは境内が広いんですよ!

P1030367
一の鳥居は明神鳥居。
P1030368
社額です。文字が横になが~い。

P1030369
参道の奥には風情のある拝殿。
P1030377
拝殿は切妻の妻入り瓦屋根で向拝はありません。
日の丸が美しいですね~。
P1030378

セミオープンな拝殿内は歴史を感じさせる佇まい。

P1030379
P1030385
P1030382
本殿はオーソドックスな緑青銅板葺きの流れ造り。

P1030388
P1030387
境内にはこの辺りの地名の由来となった「御酒殿」があります。
なんでもこの地は太宰府天満宮の寺である安楽寺が開墾した地域で、年に7回行われる七宴席と呼ばれる神事の際に用いられるお神酒を醸造する酒殿があった事からそう呼ばれるようになったそうです。
こんな所まで勢力を拡大していたとは、太宰府天満宮恐るべしですな。

P1030381
P1030380
こちらの末社は本ブログ初登場の疫神社。
江戸時代中ごろの享保年間に疫病が大流行したことからそれを治めるために建立されたとの事です。
一般的にはご祭神は「素戔嗚尊」であることが多いのできっとこちらもそうでしょう!

P1030375
手水舎は建て替えたようで朱塗りが美しいです。

P1030371
P1030372
狛犬さん。
P1030374
P1030373

顔面が・・・。(>_<)

P1030376
由来書きです。
ご祭神は「玉依姫命」、「神功皇后」、「應神天皇」の三柱のようです、だから三宮なのかな??

P1030383
昔は流鏑馬も行われていたそうです、これだけ広い境内だと色々できていいですね~。
イオンモールでお買い物の際にはぜひお立ち寄り下さい。

場所はこちら。

<其の漆拾四>志免岩崎神社

第七十四回の神社紹介は、志免岩崎神社です。
住所は福岡県糟屋郡志免町志免1452、最寄の駅はJR香椎線「須惠」駅徒歩28分です。
県道68号線沿いに大きな鳥居があってそこからそこそこ長い参道が続いています。
この規模はただごとではないと思って調べてみたら、旧社格は郷社だそうでなかなか立派な造りとなっています。

P1030341
早速見てまいりましょう、こちらが県道沿いの大鳥居、もちろん明神です!

P1030342
参道を抜けると二の鳥居。
P1030343
額もシンプルでいいですね~。

P1030348
出ました三の鳥居、格の違いがこういう所に出てきます。

P1030353
なんと四の鳥居まで!!

P1030358
瓦屋根の拝殿は切妻の妻側を正面に向けたタイプ、屋根を二段にして向拝としています。
P1030362
朱塗りの軸組が和の心・大和魂を呼び起こさせます。

P1030360
緑青銅板葺きの本殿は千木・鰹木を備えた本格派。
P1030364
もちろん流線型の流れ造りもセクシーです。

P1030344
P1030345
見てください、この狛犬さん。
今までの狛犬さんがちゃんとお座りのポーズで鎮座しておられるのに対して、この荒ぶりようはなんでしょうか!(笑)
ここを通過できる邪気はそうとうなアレよ。

P1030346
P1030347
こちらは普通の狛犬さん。
和むわぁ。

P1030357
手水舎には郷社の風格。

P1030356
その横には神牛さん、ねじり鉢巻しちゃってる割には動かなそうな気配がプンプンしてます。

P1030361
P1030363
P1030365
P1030366
さすが郷社という事で、境内には末社がいっぱいです、偉くなると付き合いも多くなるんですね~。


P1030354
P1030355
由来書きはありましたが、なぜ「岩崎」神社なのか良くわかりません(>_<)
ご祭神は、海津見命(わたつみのみこと)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)、伊奘諾命(いざなぎのみこと)、筒男命(つつのをのみこと)息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)の五柱。
ここからなぜ「岩崎」になったのでしょうか?
ちなみにこの辺の地名である「志免」は、1.宇美八幡宮の注連縄を造っていたから説、2.神功皇后が戌の日に腹帯を巻いたから説などがあるそうです。
いずれにしても北部九州の神社は神功皇后絡みの由来が多いですね~。
こちらの神社ではお祭りもたくさん行われているみたいなので、近くにお立ち寄りの際にはぜひご参拝されてみてください!

場所はこちら
そうだ!九州へ行こう!
Hotels.com
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

記事検索
e-Best
パナソニック

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
google adsense
  • ライブドアブログ